山本恵実子

幼少期から海外の文化に興味・関心を持ち、中学時代の英国でのサマースクールがきっかけでスイスの高校に進学。その後アメリカの大学で経営学を専攻。大学卒業後、大手飲食企業、食品・医療関係の通訳・翻訳業を経て現職。現地と日本企業がより円滑な事業推進が出来るよう日本支部代表として従事。

日本には例え地方でも、まだ無名でも、優れた技術がたくさんあるのにもかかわらず、海外の文化との違いを予期、受け入れが出来ずに苦戦し、二の足を踏んでいる間に他の国に商機を奪われてしまう心苦しいケースが多々あります。幸いバングラデシュは親日で、今後日本企業にとって大変大きな可能性を秘めた国です。微力ながらもお客様と世界の架け橋となれる様尽力して参る所存でございます。

Hits: 1370